2018 佐渡 ヤリイカエギング 2回目【2月17日】

ヤリイカエギング行ってまいりました。

 

 

今回は会社の若手のkんじ君との釣行でした。

 

 

彼は昨年3月頃から本格的にルアーゲームにハマり、ショアジギング、エギング、ライトゲームとほぼ0からタックルを購入している猛者です。

 

 

目的地は両津方面。

 

 

暴風雪警報が出ていましたが、きっとあそこなら何とか出来るだろうと信じて向かいました。

 

 

現地に到着したのが多分23:30頃。

 

 

試しに堤防に上がってみると・・・

 

 

強風ながらも追い風!予報と比べれば体感で半分以下の風!

 

 

これ以上悪くならない内にと、急いで準備し釣り場へ向かいます。

 

 

ヤリイカ初めてのkんじ君にエサの巻き方など説明し、キャスト!

 

 

 

 

 

実はこのkんじ君、非常に持っております・・・・

 

 

毎回、教えているはずの私よりも釣ります( ̄∀ ̄;)

 

 

今回もそうでした。

 

 

 

 

 

 

 

先に釣り上げたのはkんじ君。

 

 

「マジで釣れましたよ~!めっちゃ楽しいっす!」

 

 

ま、喜んでくれて何より(´∀`)

 

 

 

ボウズじゃまずいとこちらも集中。

 

 

フォール中、エギがぐっと持って行かれる感じがして合わせ!

 

 

ダブルヒットとなりました♪

f:id:sadoeging:20180222141539j:image

 

f:id:sadoeging:20180222141559j:image

 

この後、kんじ君は連続ヒットとなり、合計4杯。

 

 

私は全くダメでした(´・ω・`)

 

 

それもそのはず、エサが針金から外れなくなっているのに、エギの背中が白いため気付かずやってました・・・

 

 

っというか、暴風雪が酷くてエギがちゃんと見えても居なかったです( ´Д` )

 

 

余りの寒さに心が折れ、風を回避出来る内湾へ。

 

 

ハズレの無いメバリングです。

 

 

いつも最初の数投に良型が集中するので、ドラグはキツキツ!

 

 

前回まで、アジング用のエステルラインでやっていたので、根に潜られラインブレイクを頻発してしまってました。

 

 

今日はPEに巻き直して来たので、潜ろうとしても強引に引き剥がせます(`・ω・´)

 

 

キャストし、ボトムに落とそうとフォールさせていると

 

 

「コツッ」

 

 

と小さな当たり。

 

 

両型と確信し、思いっきり合わせ&ゴリ巻。

 

 

巻いてくる途中、何度も根に潜ろうとしましたが、強引に引き剥がしまたもゴリ巻。

 

 

足元まで寄せ、一気に引き上げると

 
f:id:sadoeging:20180222172430j:image

刺身に出来そうなサイズ でした。

 

 

この後は恒例の極小メバルの連発。

 

 

しばらく頑張りましたが、手の冷たさが尋常では無くなって来たので終了しました。

 

 

 

 

 

いや~今日は寒かった!

 

 

昨年購入した防寒着はかなり暖かいと思っていたのに、それでもかなり寒く感じました。

 

 

今冬シーズンで一番の寒さかも((( ゚д゚ ;)))

 

 

 

 

 

持ち帰り計測すると、ヤリイカは胴長30㎝

 
f:id:sadoeging:20180222141616j:image

 

 

メバルは26センチでした。
f:id:sadoeging:20180222141645j:image

 

 

せっかくなので、両方お刺身に。

 
f:id:sadoeging:20180222141838j:image
ヤリイカは前回と比べかなり型が大きくなったようですね♪

 

 

1杯でもまあまあの量になりました。

 

 

 

 

メバルの刺身🎵

f:id:sadoeging:20180222141909j:image
こちらは嫁が大絶賛でした♪ヽ(´▽`)/

 

 

 

 

ゲソと肝は天ぷらに🎵

f:id:sadoeging:20180222141929j:image

肝はアオリイカの方が濃厚でした。

 

 

 

ヤリイカがもっと釣れればなぁ…(ToT)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事の感想をお聞かせください!!
  • めっちゃいいね!  (0)
  •  いいね  (0)
  •  まあまあ  (0)
  •  イマイチ  (0)
  •  よくない  (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA