2019 佐渡ヶ島 キス釣り【7月21日】

秋イカシーズンまでボチボチとキス釣りを楽しんでおります(*´ω`*)

 

 

朝マズメを狙い、まだ薄暗い内にポイントに到着。

今日は新規試みが2点。

 

 

このフックの様なものが付いた棒と

 

 

 

ライトゲーム用のタックル。

 

 

 

フックの様な棒はダイソーに売っていた高所の服などを取る為の棒。

伸縮式です。

何に使うのかと言いますと・・・・・

 

 

 

 

置き竿用のスタンド

棒が伸縮式なので竿の角度が変えられます(^o^)V

我ながらすごい貧乏性・・・・

 

 

 

あと、ライトゲームタックルは、ここ毎週のようにキス釣りに出かけておりますが、遠投しても結局ヒットしてくるのはかなり手前・・・・

最初は広範囲に探ろうとフルキャストしますが、最終的にはホント軽く放る程度(-ε´-。)

じゃ、そもそもライトタックルで良いんじゃね?と思い試しに持ってきました。

 

 

 

シーバスタックル2組を、それぞれ遠投と真ん中位に分けてキャストし置き竿。

そしてライトタックルは探りを入れつつ、手返し重視で。

 

 

 

そこそこ飛距離が出る様にMキャロをセット。

アジングだと0.2~0.4gのジグヘッドを使うのですが、少しでも違和感を与えないように1.0号のリーダーを50~60センチくらいとり、キス針を結びました。

 

 

 

 

 

ナイスサイズかと思いきや、やたら叩くのでもしかしたらと思いましたが

ちっちゃいクロダイ。大きくなって帰ってきて下さい(ノ´□`)ノ

 

 

お次はメゴチ。

お目当てでは無いですが、やはりライトタックル良い感じ

ソリッドロッドなのでバラしが激減したのと、手返しが早い!

 

 

ただ、MキャロはS・N・Lのタイプがあり、着水後のバックスライドのストロークのタイプの違いなのですが、サビいて誘う場合はやはりボトムをキープしなくてはいけません。

が、私はNとLしか所有しておらず、少し早めにサビいただけでレンジが浮いてしまいます(T_T)

ボトムキープするためにはめっちゃゆっくりサビかないといけません。

やはり状況によって釣れるサビくスピードって違うし、普段、連針だと掛かってきたキスの針の位置でサビくスピードを変えています。

 

 

次回の課題となりました┐(´~`;)┌

 

 

そして数投目、本命が

うん、やはりやり取りに関してもライトタックルが良い感じ

リグが軽い分、ドラグも緩めで出来るので魚が暴れてもドラグが何とかしてくれますヽ(=´▽`=)ノ

さすがシマノ魚の動きに対しての無駄のないドラグの滑り方(*´艸`*)

このタックルではバラシ0でした!

 

 

 

良型も交じりました。

ライトな分、スリリングでアジングに似た楽しさでした(*´∀`*)

 

 

妻の実家におすそ分けしても、我が家で食べる分が十分残りました(*´ω`*)

 

 

 

餌のイソメが余り、もったいないので夕方にちょっとだけ妻子供を連れて同じ場所へ。

息子は初の自分の力だけで釣りました٩(ˊᗜˋ*)و

しかも結構いいサイズ!

 

 

ちょうど活性が高かったので3~40分でこのくらい釣れました(*´ω`*)

夕方前から飲んでおり、酔いも回ったので調理した写真は撮っておりませんでしたが、すべて天ぷらで頂きました(๑ ́ᄇ`๑)

 

 

やっぱキス天美味い!!!!

 

 

この記事の感想をお聞かせください!!
  • めっちゃいいね!  (3)
  •  いいね  (0)
  •  まあまあ  (0)
  •  イマイチ  (0)
  •  よくない  (0)

 

 

 


 

この記事の感想をお聞かせください!!
  • めっちゃいいね!  (3)
  •  いいね  (0)
  •  まあまあ  (0)
  •  イマイチ  (0)
  •  よくない  (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA