2020 佐渡ヶ島ヤリイカエギング 2回目【2月11日】

 

またヤリイカエギングに行ってまいりました。

 

 

今回はエサ巻きエギで挑戦しようとスーパーで鶏のササミを購入。

以前はアオリイカのエンペラ部を巻いていましたが、エサ持ちは良すぎるくらい良いものの・・・・

 

 

当りが続かないというか・・・

これがエサのせいなのか、回遊性が強いが為にあっという間に居なくなっちゃうのか・・・

試しにエサを変えてみようかと(。 ・ω・))

 

 

 

やっぱりササミが良さそうだとササミの塩漬け作りから。

塩漬けすることで余分な水分を抜き、エサ持ちを良くします。

 

 

 

 

 

ササミを5センチくらいの長さで切り、それを5ミリくらいの厚みで薄切り。

キッチンペーパーに並べます。

 

 

 

塩をたっぷりとまぶし

 

 

 

上からもキッチンペーパーを被せて新聞で包みます。

 

 

 

 

短時間で水分を抜くために重たいものを載せて放置。

たっぷりの塩をまぶしてあるので、常温で全く問題なし。

 

 

 

1日放置すると

結構な水分が出ました∑(゚ω゚ノ)ノ

段ボールの上に置いておいて良かった・・・

 

 

 

 

中を見てみると表面が乾いたようになっており良い感じで水分が抜けているのが分かります。

 

 

 

 

上に乗せる重しの重さによって水分が抜ける速さは変わると思いますが、1~2日放置で十分だと思います。

ドライフルーツくらいの硬さですかね~

これをエサ巻きテーラーや、エギに乗せステンレスの針金で巻くわけですね。

 


今回は初めてエサ巻きエギングをやった時にしっかりと実績を上げてくれた邪道エギを使用します。

 

 

3本セット+スッテ2本のセットがお得でした!!

 

 

 

 

2018 ヤリイカエギングの記事はこちら↓↓↓

 

 

早速邪道エギに巻き付け準備は完了!!

エサ巻きエギングについて調べていて分かったのが、カンナから1~2センチエサを離して巻くという事。

近過ぎるとバラシを多発してしまうそうです(。 ・ω・))フムフム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2日前に釣果のあった堤防へε=ε=ε=ヘ( -∀-)ノ

海はウネリがあり先日使用した極小エギではちょっと辛そう・・・

 

 

 

 

邪道エギ準備しといて良かった~

エサを巻く分、通常のエギよりさらに重量が増しますので、その分引き重り感が強くなり操作感は上がるのでウネっている場合はこちらの方が良いですね♪d(‘∀’o)

 

 

 

 

先日の様な高活性を期待していたものの、開始直後は当りは無く、周りに誰も居なかったので水面をちょっとだけライトで照らすと足元に明らかに魚ではない目が光る!!!

 

 

奴は居る!!

 

 

ここで現在までの狙い方を振り返り反省。

ウネリと強烈な潮で恐らくキッチリ底を取れていなかったのだろうと、底を意識し始めた所で

パタパタっと良いペースで掛かってきましたヽ(*゚∀゚*)ノ

 

 

 

時合い来たかと思いましたが、そこからは当りが無くなり寒さに心が折れて終了(;´ω`)

結果は5杯とイマイチな釣果でした。

でも、今回釣行で色々勉強になった事が多数あり、今後の実戦で確かめていきたいと思います(。 ・ω・))

 

 

 

次回釣行は地元青年会の若きエースBIG君とのヤリイカ釣行予定です。

 

 

 

 

この記事の感想をお聞かせください!!
  • めっちゃいいね!  (12)
  •  いいね  (0)
  •  まあまあ  (0)
  •  羨ましい  (0)
  •  嫉妬、悔しい  (0)

 

 

<゜)))彡【使用タックル】<゜)))彡

●ロッド:シマノ 17セフィアci4+ S806L

 

●リール:シマノ 17セフィアci4+ C3000S

 

●ライン:サンライン ソルティメイトPE EGI ULT HS4 0.6号

 

●リーダー:サンライン ソルトウォータースペシャル エギリーダーFC 2号

 

●エギ:キーストン 早福型/邪道編 3.5号V1(16g) ピンクグローホワイト

 


 

 


この記事の感想をお聞かせください!!
  • めっちゃいいね!  (12)
  •  いいね  (0)
  •  まあまあ  (0)
  •  羨ましい  (0)
  •  嫉妬、悔しい  (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA