2021 鬼太鼓 奉納

「トリプルエイトノット」や「3.5ノット」がカンタン・素早くセットできる

 




 

 

 

令和3年4月15日。

 

 

 

佐渡ヶ島島内の多くの場所でお祭りがあり、あちらこちらで鬼太鼓の奉納が行われます。

氏子の家々に太鼓を門付けして鬼太鼓を舞い、無病息災、五穀豊穣を願うものであります。

 

 

 

 

※下記リンク先、カテゴリー別一覧内の一番下の「鬼太鼓」カテゴリーのにまとまって過去記事見られます。もしよろしければ見て行ってください。

くコ:彡 カテゴリー別一覧 くコ:彡 | 佐渡ヶ島エギング (sadoeging.com)

 

 

 

昨年は私が青年会長であり、鬼太鼓練習を開始したものの、区長等より中止を言い渡され全く何もしませんでしたが、今年会長の「ト氏」が御宮と公民館くらいはどうしてもやりたいと意気込み宮司、宮総代に掛け合いやらせてもらう事となりました。

 

 

 

が、ここで問題なのは鬼太鼓の練習。

 

 

 

 

初めて鬼太鼓をやる「新鬼さん」を出すとなれば、最低でも1カ月半の練習期間は欲しいところ。

 

 

 

 

しかし門付けを行わないためご祝儀による収入はなし。

練習するにもかなりの費用が掛かるし・・・・と言うことで今年は経験者にやってもらうと言うことになりました。

 

 

 

 

そうすると・・・・?

 

 

 

 





 

 

 

2020年は新型コロナ騒ぎで中止。

 

 

 

 

 

2019年は、、、、

 

オスがN林氏ですが3月に新潟本土へ転勤。

 

メスがヨサベイ氏

 

そしてこれは我らがレジェンドUSK氏

 

 

 

 

2018年は、、、

 

オスがBIG君

 

そしてメスがヨサベイ氏

 

それ以前となると、新潟本土に転勤となってしまったAB氏や、私の年齢までさかのぼってしまうため現実的に無理。

 

 

 

 

 






 

 

と、言うことでBIG君、ヨサベイ氏のお二方にお願いすることとなりました。

 

 

 

公民館に青年会メンバーで集まり、何とか両名から了承を頂き、あとは練習日の決定だね~なんて話をして・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

3月末日夜・・・・ト氏からのTEL・・・・

 

 

 

ヨサベイ氏が急遽、4月15日に重要な会議がありどうしても休みが取れないとの事。

 

 

 

・・・・?

 

 

 

え?

 

 

 

で?

 

 

 

ふーん・・・・

 

 

 

え!?

 

 

 

マジか!?

 

 

 

俺にやれってかぁ!?

 

 

 

・・・・・

 

 

 

最悪・・・・。

 

 

 

昨年、2度の転落事故により、走れないほどの膝の痛みを患い、最近まともに階段を下りる事すら出来なくなってきたので、いよいよ苦手な医者に掛かろうかと思っていると、、、、

 

だから「俺は鬼やるのマジで無理だからね」と、、、、、

 

 

 

しっかりと!!!!!

 

 

 

会長のト氏には伝えていたはずでしたが・・・・

 

 

 

恐るべし!!!!

 

 

 

まぁ無理も無いか・・・・私がやらねば更に4コ上までいっちゃうもんなぁ・・・・

 

 

 

 

 





 

 

 

渋々オファーを受け、練習日は不定期休みで夜勤等もあるBIG君に合わせて練習。

 

 

 

 

練習で余計に故障しない様に調整しながらの練習でした。

 

 

 

 

そして当日、、、、昼過ぎに公民館に集合。

 

 

 

 

衣装に着替えます。

まさかコイツを着ける日がまた来るとは・・・・

 

 

 

 

左が雄、右が雌の面です。

お寺の仁王像や神社の狛犬と同様、口を大きく開いた雌は阿(あ)、口を完全に閉じた雄は吽(うん)を表しており、、、と言うのは有名な話ですね。

 

 

 

AB氏!

この日のために(実は翌日の釣りのため?)来島!

 

 

 

今回来るなら鬼頼めたのでは・・・・

今さら遅いか・・・・裏打ちする気満々でした。

 

 

 

 

本来の祭りの本番である御宮での鬼太鼓奉納。

事前に回覧を回し、鬼太鼓奉納を行う旨は伝わっていたはずでしたが、閑散としておりました。

 

 

 

 

雄鬼のBIG君。

普段から鍛えているため若々しく、元気で羨ましいです。

 

 

 

 

AB氏。

裏打ち頑張っておりました。

 

 

 

 

 

 



 

 

筆者。

とにかく怪我だけはしないように、、、それだけでした。

 

 

 

御宮での鬼太鼓を終え、公民館へ。

 

 

 

回覧で回した時刻まで時間があったため、冷蔵庫に余っていたビールをみんなでプシュッ!

宮も殆ど観客居なかったし、余裕だな。と、結構なペースで飲んでおりました。

 

 

 

次第に酒も回り、テンション高くなった青年会メンバー。

 

 

 

そして悪ノリが始まり、予定にはありませんでしたが公民館のお隣さん家に許可をもらい、門付け。

 

 

 

そして迎えた定刻。

 

 

 

御宮より来やすかったのか、想像よりも見に来てくれた人が多くテンション上がりました。

 

 

 

 






 

 

 

そして鬼太鼓スタートです。

 

BIG君の鬼の最中、ふと公民館のお隣さんのお家に目をやると・・・

 

 

 

密かに祭りが開かれておりました。

 

 

 

私はただひたすら・・・・ケガをしない様にと・・・・

冒頭でも触れましたが、観客を回り、無病息災、五穀豊穣を願い頭を触っております。

 

 

 

集落により鬼の面の髪を被せたり色々あるかと思います。

 

 

 

 





 

 

 

そして鬼太鼓が終わり写真撮影タイム。

我が家もお願いしました。

 

 

 

息子はBIG君に懐いておりましたが、流石に怖いのかかなり私寄りに写っていました。

口では生意気言う様になりましたが、まだまだガキんちょです。

 

 

 

そして青年会メンバーでも記念撮影。

やはり本番は御宮での鬼太鼓とは言え、まだ暗い早朝から一軒一軒門付けをして酒を飲みながら鬼太鼓するのが一番楽しいですね。

 

 

 

早くコロナ騒ぎが落ち着けば・・・・・

 

 

 

さて、終了後は公民館内で打上げです。

 

 

 

一応、感染対策をして・・・・

 

 

 

 

宴のスタート!

 

何時までやったのか、どんな話をしたのか、なーんにも覚えておりません。

 

 

 

が、このAB氏が持つ日本酒の空瓶がなぜか家の車庫に転がっており、AB氏、BIG君と車庫内で話した記憶だけが微かに残っております。

 

 

 

まさかたった2回やっただけで頂けると思わなかったご祝儀。恐縮です。

翌日、佐渡病院での膝の診察、レントゲン、そして後日MRI、ヒアルロン酸注射の治療費として有難く使わせて頂きました。

 

 

 

来年はまともに祭りが出来ると良いなぁ・・・・・

 

 

 



●全長:630cm(仕舞寸法:62cm)●重量(本体):665g●カーボン含有率:80%●ハンガー、ストラップ付

 

 

 

 

この記事の感想をお聞かせください!!
  • めっちゃいいね!  (15)
  •  いいね  (1)
  •  まあまあ  (0)
  •  羨ましい  (0)
  •  嫉妬、悔しい  (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA